音楽教室対JASRAC、終わらぬ「著作権バトル」

ヤマハ・河合は一歩も譲らず対決姿勢

音楽教育を守る会とJASRAC(日本音楽著作権協会)の間の溝は、簡単には埋まりそうもない(記者撮影)

「文化庁は本日提出した署名を重く受け止め、JASRACによる音楽教室に対する使用料徴収に強く反対している国民が、いかに多くいるかということを理解していただきたい」

ヤマハ音楽振興会や楽器大手の河合楽器製作所を中心とする「音楽教育を守る会」は7月4日、演奏著作権料徴収に反対する署名を文化庁長官に提出した。その数、55万7000筆。段ボールにして約50箱に上る。守る会会長の三木渡・ヤマハ音楽振興会常務理事は、語気を強めて語った。

大規模な署名活動に発展

音楽教育を守る会の三木渡会長は、文化庁の理解を強く求めた(記者撮影)

署名活動はJASRAC(日本音楽著作権協会)が音楽教室での演奏において著作権料を徴収する方針を示したことを受けたもの。守る会理事の日下昌和・河合楽器専務は「今回のJASRACの申し入れは、音楽文化の停滞や音楽人口の減少につながりかねないものだと危惧している」と話し、改めてJASRACに対する不信感をあらわにした。

事の発端は、2017年2月。JASRACが音楽教室からの演奏著作権料を徴収すると発表した。「録音物の再生演奏は(著作権料を払わずに)無料で利用できる」という規則が2000年に著作権法から撤廃され、2003年頃からJASRACはヤマハなど音楽教室側に交渉を持ち掛けた。ただ音楽教室側はそれを拒んで10年以上が経過。その間にJASRACはフィットネスクラブやカルチャーセンターを著作権料の徴収対象に広げ、2017年に入り、音楽教室からの徴収に向け動きを加速した。

主な争点は、音楽教室での教師の演奏が、著作権法に書かれている「聞かせることを目的として」という部分に当てはまるかどうか。JASRACの側は「手本だから演奏は自由とは書かれていない」と考えている。

今回の文化庁への署名提出は、守る会として具体的に議論を進展させるというよりも、立場を表明するという意味を持つ。その背景には、守る会側が置かれている難しい状況がある。

次ページ守る会の「苦しい立場」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。