2輪の名門「ヤマ発の4輪」は何が新しいのか

1~2人乗りの超小型モビリティを検討

2015年の東京モーターショーで、ヤマハ発動機が展示した4輪試作車(撮影:鈴木紳平)
2009年度にはリーマンショックの影響により、2161億円の最終赤字に転落したヤマハ発動機(ヤマ発)。コスト削減効果や先進国の景気復調によって2015年度は過去最高水準の営業利益1250億円を見込む。
業績はV字回復を果たしたが、「2輪とマリンでは残っていけない」(柳弘之社長)という危機感のもと、新規事業の立ち上げを検討している。新規事業候補の一つとして期待される4輪事業について、参入への本気度を柳弘之社長に直撃した。

 

――東京モーターショーでは2013年、2015年と続けて4輪試作車を展示した。なぜ今になって4輪参入なのか。

2輪から3輪バイクへとモビリティを広げてきたので、2輪、3輪と来れば次は4輪になる。自動車用エンジンは1967年に「トヨタ2000GT」の開発・生産に参画して以降、技術の蓄積がある。自動車の骨格については技術の蓄積はないが、ゴードン・マレー・デザイン社が開発した小型で低コストの車体を使うつもりだ。

既存の自動車ビジネスに参入してもうまくいくとは思えない。2輪技術を応用してヤマ発らしい面白い4輪ができるという前提がある。大掛かりな生産体制を敷かずに、少ない投資で4輪の生産・販売ができるような新しいビジネスモデルを考えている。

1~2人乗り超小型4輪の開発を検討

――4輪参入はどのエリアを想定しているのか。

欧州が第一の候補だ。1~2人乗り超小型4輪の市場がすでに100万台規模になっている。人口の高齢化や交通規制の強化で、都市の超小型モビリティは多様化していく。こういう未知の市場にはチャンスがある。

都市モビリティが抱えている課題の解決策は、局面によって異なる。たとえば、東京の真ん中でベストな移動手段はひょっとすると4輪ではなく2輪か3輪バイクかもしれない。もしその解決策が4輪だとなったときに対応できるよう、開発を進めているところだ。

次ページ社内に反対意見はないのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。