頭のいい子に共通する小学校時代の過ごし方

東大生を育てる親はどのように振る舞うのか

では子どもが熱中しているときに親がテレビやスマホを眺めているだけでいいのか、というとそうではありません。親も子どもが興味を持ったことにいっしょに楽しむ。あるいはもっと興味を追求できるように環境をととのえる。親自身の努力も大切です。

たとえば伊沢さんの親のように子どもが電車に興味を持ったら、実際に電車を見せに連れていく、サッカーに興味を持ったら、本物のサッカーの試合をいっしょに見に行く。バーチャルとリアルをつなぐ作業を一生懸命やった家庭の子というのは、ぐんぐん伸びていくと教育現場でもよく言われています。東大生の家庭について調べてみると、このとおりのことをされていた親が本当に多いです。

脳にはまねすることに特化している“ミラーニューロン”という領域があります。言語もスポーツもすべては模倣です。子どもというのはまねがすべてですから、大人が楽しそうにやっていると、子どももまねして楽しそうにやります。ですから、子どもに何かをやらせたいと思ったら、まずは親自身が楽しむことが大切なのです。

2人の娘さんがともに東大に進学されたあるご家庭の話です。その家庭では、お母さんがとても勉強家で、いつもリビングで語学や資格試験の勉強をしていたそう。60代になるいまも、資格を更新するために勉強されているとか。楽しんで勉強している母親の姿を、子どもたちはいつも見ていたのでしょう。

田舎の子には街の刺激、都会の子は自然に学ぶ

『日本一勉強が好きな頭脳 東大脳の育て方』(主婦の友社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「田舎と都会、どっちで子育てするのがいいですか?」これもよく聞かれる質問ですが、どちらにもいい面と悪い面があるので、何とも言えません。

ただ“自然は最高の教師”といわれるように、自然は奥深く、学ぶことが無数にありますから、都会住まいで周りに自然がないという家庭は、ぜひ休日には意識的に自然の中に連れ出しましょう。自然の中で遊ぶと運動神経も伸びます。

逆に、知的な刺激に乏しい地方住まいなら、この反対と考えましょう。休日には街に出て美術館や博物館などで本物をいろいろと見せるとよいでしょう。バーチャルな「知識」と「リアル」をそれぞれの環境で積ませることで、子どもの脳は飛躍的に成長していきます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT