100年前の超花形「製糸企業」の華麗なる転身

1996年に生糸から完全撤退、今の主力は・・・?

かつて日本の花形産業だった製糸業だが、時代の変遷とともに事業の転換を余儀なくされた。そこで、笠原工業が目をつけた新事業とは?(写真:笠原工業)

明治時代、政府の殖産興業政策を背景に花開いたのが、カイコから生糸を作る製糸業だ。日本の製糸の品質の高さは海外で高く評価され、製糸業は日本の輸出産業の花形となった。

この連載の一覧はこちら

近代化を急ぐ日本にとって、外貨獲得のための最大の商品が生糸だったのだ。

「笠原工業」も、1878(明治11)年に製糸企業のひとつとして現在の長野県岡谷市で産声を上げた。そして、1917(大正6)年には良質な水がある福島県須賀川町(現在の須賀川市)の、民間誘致第1号として工場を開設し、創業。工場の進出に伴い、近隣農家もカイコ生産するという生活の糧を得、地域と一体となって順調に発展してきた。

生糸から発泡スチロールへ

それから100年。現在の笠原工業が作っているのは、生糸ではなく、発泡スチロール(プラスチック)だ。時代とともに産業構造が大きく変化する中で、いったいどのように事業転換をしてきたのだろうか。

同社が製糸業からの業態転換を決意したのは、1962年ごろのこと。第2次世界大戦のころから衰退の一途をたどってきた製糸業だが、終戦後には新たな産業の台頭もあり、最大の経営危機を迎えることとなった。そこで、目をつけたのが発泡スチロールの製造だった。

いったい、なぜ発泡スチロールに目をつけたのか。笠原賢二社長は、当時をこう振り返る。

「1960年代は、何かものづくりをすれば売れるという時代。『今使える設備、技術を使って作れるものは何か』と考えた時、発泡スチロールと生糸の製造が技術的に近いことを知ったのです。ちょうど、繭を保管する倉庫が空いていたこともあり、既存設備を最大限活用できるということで、生産に取り組み始めました」

次ページ建材として大注目
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT