ノムさんの教えを守り、“名脇役”になった男

西武・渡辺直人はなぜ重宝がられるのか?

渡辺の存在価値が評価されるのは、数字に表れる面ばかりではない。ベンチで声を出し、守備につけば二遊間でコンビを組む若手にアドバイスを送るなど、リーダーシップを発揮している。

「性格? いや、そうじゃないですね。何もしないのがいちばん楽ですよ。でも、勝つためには必要だからやっています」

8月に入り、渡辺の打率は急降下した。29日時点の打率は1割9分8厘。それでも2番で起用され続けているのは、チームへの貢献度が高いからだろう。

渡辺が“名脇役”ぶりを発揮したのは、8月17日の楽天戦だ。球団創設9年目の初優勝へ突き進む相手に対し、是が非でも負けられない一戦だった。9回表の2死から本塁打で1点差を追いつかれ、嫌な流れで迎えた裏の攻撃。先頭打者の渡辺は「どんな形でもいいから、絶対に塁に出ると自分に言い聞かせました」。マウンドの小山伸一郎に1ボール、2ストライクと追い込まれ、4球目がボールとなる。「2ボール、2ストライクになり、相手はコントロールのいいピッチャーではないから、粘ればいけるとフォアボール狙いに切り替えました」。ファウルを挟み、2球続けてボールを選び、フォアボールで出塁する。1死1塁から浅村栄斗の2塁打でホームを突いた渡辺は間一髪でアウトになったものの、その後の攻撃でサヨナラ勝ちをもぎ取った。

サラッとやってみせる

いぶし銀の働きで勝利に貢献したこの日の数日前、渡辺はこんな話をしていた。

「最近はヒットになっていないけど、悪い内容ではありません。しっかりバットを振れているし、いい当たりがアウトになることも絶対にあります。何か変えなければいけないこともないですね。僕の仕事は打つだけではありません。もちろん、打つのも仕事ですけどね。フォアボールを選ぶところは選ぶとか、自分の仕事を続けていくだけです」

筆者にとって渡辺が取材対象となったのは西武移籍後で、話を聞くようになってから日が浅い。それでも、なぜ楽天やDeNAで周囲から愛され、評価されるのか気になっていた。そこで、あえて嫌な話を聞いてみた。DeNAでチャンスに恵まれなかった今季序盤、なぜ自分に厳しくできたのか、と。

「そこを話すんですか」と苦笑した渡辺だが、言葉を紡いでくれた。

「普通のことを普通にやるだけですよ。1軍にいるからとか、2軍にいるからとかで、自分のスタイルは変わらない。2軍で試合に出られないと、モチベーション的には厳しいですよ。でも、いつも目標として、いつかチームの力になれるときが来るから、そのためにしっかり準備しておかなければと思っていました。たまたまトレードで、それが生きてきましたね。自分がやっているのは普通のこと。どんな状況でも変わらず、目の前の状況のために練習、試合をやっていく。よくても、悪くてもベストを尽くす。それは変わらないというか、変えることができない。いつでも全力でやるし、勝ちたいし。それは変わらないですね」

エースや4番という主役のように、渡辺は花道を歩く存在ではない。しかし、その名脇役ぶりは、チームが描くドラマにグッと深みを与えている。

普通のことを、普通に――。

意外と簡単なことではないが、サラッとやってみせるのが名脇役なのだろう。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT