パナのスマホ、どん底からの復活はあるか

個人向けは風前の灯火

一方、パナソニックのスマホ事業には、この“どん底”からの静かなる復活を狙うシナリオもある。仮に個人向けから撤退しても、法人向けで生き延びるという戦略だ。

法人向けのニッチ市場開拓で復活狙う

パナソニックはこの春に発表した新中期計画で、携帯電話事業の収支改善策として、「壊れにくい堅牢なスマホ」など、法人向けのニッチな受注開拓を謳っている。実際、パナソニックはノートパソコン「レッツノート」で同様の戦略を成功させており、スマホにおいても開発を着々と進めているという。

「法人向けで重要なのは、どれだけカスタマイズできるか。数万台程度の需要でも、ニーズに合った製品、サービスを作れれば利益は稼げる」とパナソニック関係者は言う。NECと合わせ、2000年代前半に国内の携帯電話端末市場を席巻した“かつてのツートップ”の一角は、かつてない逆境を脱するべく知恵を絞っている。

(撮影:尾形 文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT