パナのスマホ、どん底からの復活はあるか

個人向けは風前の灯火

一方、パナソニックのスマホ事業には、この“どん底”からの静かなる復活を狙うシナリオもある。仮に個人向けから撤退しても、法人向けで生き延びるという戦略だ。

法人向けのニッチ市場開拓で復活狙う

パナソニックはこの春に発表した新中期計画で、携帯電話事業の収支改善策として、「壊れにくい堅牢なスマホ」など、法人向けのニッチな受注開拓を謳っている。実際、パナソニックはノートパソコン「レッツノート」で同様の戦略を成功させており、スマホにおいても開発を着々と進めているという。

「法人向けで重要なのは、どれだけカスタマイズできるか。数万台程度の需要でも、ニーズに合った製品、サービスを作れれば利益は稼げる」とパナソニック関係者は言う。NECと合わせ、2000年代前半に国内の携帯電話端末市場を席巻した“かつてのツートップ”の一角は、かつてない逆境を脱するべく知恵を絞っている。

(撮影:尾形 文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT