ドイツでビールジョッキ29杯運び、記録更新

重さ69キロを運んだが、最後2杯ひっくり返る

 9月3日、ドイツ南部アーベンスベルクで、ビールのジョッキ運びで記録を競うイベントが開催され、1リットルのジョッキ29杯を持ち40メートル運んだドイツ人男性が、自身が持つ世界記録を更新した(2017年 ロイター/Michael Dalder)

[アーベンスベルク(ドイツ) 3日 ロイター] - ドイツ南部アーベンスベルクで3日、ビールのジョッキ運びで記録を競うイベントが開催され、1リットルのジョッキ29杯を持ち40メートル運んだドイツ人男性が、自身が持つ世界記録を更新した。

記録を更新したのはオリバー・シュトルンペさん。ジョッキを2段重ねにし、中身がこぼれないよう注意を払いながら31杯を運んだが、最後の瞬間に2杯がひっくり返ってしまい、記録は29杯になった。

重さにして69キロを運んだことになる。

シュトルンペさんは記録挑戦に備え、2月以降、週3─4回ジムに通ってトレーニングに励んだという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。