ドイツでビールジョッキ29杯運び、記録更新

重さ69キロを運んだが、最後2杯ひっくり返る

 9月3日、ドイツ南部アーベンスベルクで、ビールのジョッキ運びで記録を競うイベントが開催され、1リットルのジョッキ29杯を持ち40メートル運んだドイツ人男性が、自身が持つ世界記録を更新した(2017年 ロイター/Michael Dalder)

[アーベンスベルク(ドイツ) 3日 ロイター] - ドイツ南部アーベンスベルクで3日、ビールのジョッキ運びで記録を競うイベントが開催され、1リットルのジョッキ29杯を持ち40メートル運んだドイツ人男性が、自身が持つ世界記録を更新した。

記録を更新したのはオリバー・シュトルンペさん。ジョッキを2段重ねにし、中身がこぼれないよう注意を払いながら31杯を運んだが、最後の瞬間に2杯がひっくり返ってしまい、記録は29杯になった。

重さにして69キロを運んだことになる。

シュトルンペさんは記録挑戦に備え、2月以降、週3─4回ジムに通ってトレーニングに励んだという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT