あの綾瀬が「ロケの名所」にのし上がった理由

伊豆急&河津にも学びたい「町おこし」のワザ

綾瀬市と住民組織・あやせブタッコリ~ロケ隊(通称・ブタロケ隊)がタッグを組んだ「綾瀬ロケーションサービス」が設立されたのは、2014年4月。すぐに撮影スタッフを誘致するための体制づくりが行われました。問い合わせの窓口を市役所に一本化し、公共施設や民間施設などのロケ地登録、エキストラの準備など、官民一体となって撮影のサポート体制を整えていったのです。

そのうえで、地域活性プランニングが発行・運営する、ロケ情報誌『ロケーションジャパン』と映像制作者に向けたロケ地検索サイト『ロケなび!』に、「綾瀬ロケーションサービス」が立ち上がったことを掲載しました。さて、どれだけ反応があったのでしょうか……。

『ロケなび!』斎藤靖子編集長いわく、「最初の10カ月で171件もの問い合わせがあった」そうです。

関ジャニ∞や嵐がロケに来た

ロケ誘致の第1弾となったのは、関ジャニ∞主演映画『エイトレンジャー2』。さらに、嵐主演映画『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』、草彅剛さん主演ドラマ『銭の戦争』(フジテレビ系)など、多くのファンを持つジャニーズ事務所の俳優たちが綾瀬を訪れました。

突然訪れた夢のような状況に綾瀬の人々は驚きましたが、決して「運が良かった」からというだけではありません。ロケハンやロケの立ち会いなど撮影に関することはもちろん、エキストラやロケ弁の手配などの細部にわたるフォローを町ぐるみで行っていたのです。

このロケットスタートによって、綾瀬の人々に「イケる」「チャンスだ」というポジティブなムードが生まれました。ロケ誘致、ロケのサポートに続く、第3のステップは、「観光客に効率よくロケ地めぐりをしてもらう」ためのロケ地MAP作り。しかし、すでにロケ地MAPは全国各地で作られていただけに、「綾瀬ならでは」のオリジナリティが求められていました。

そこで浮上したのが、「イケメンが集まる町」というコンセプト。ジャニーズ俳優のあとも、綾野剛さん主演ドラマ『コウノドリ』(TBS系)、EXILEメンバー総出演ドラマ『HiGH&LOW-THE STORY OF SWORD-』(日本テレビ系)、小泉孝太郎さん主演ドラマ『保身』(テレビ東京系)などのロケが行われていたため、“イケメン”のフレーズがバシッとハマったのです。

次ページブタロケ隊の“食”分野における活躍
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT