あの綾瀬が「ロケの名所」にのし上がった理由

伊豆急&河津にも学びたい「町おこし」のワザ

綾瀬の「イケメンが集まる」をコンセプトにしたロケ地MAP。2017年1月には第2弾も作成された(写真:神奈川県綾瀬市提供)

「東京メトロ千代田線綾瀬行き」。東京に住んでいる人なら一度は「綾瀬」という名前を聞いたことがあるでしょう。しかし、ここでの主役は、いわゆる「じゃないほうの綾瀬」。「地元は綾瀬だよ」と言ったとき、「ああ、足立区の綾瀬ね」と間違われて苦い思いをしてきた人々のサクセスストーリーを紹介します。

彼らの住む町は、神奈川県綾瀬市。横浜市の西、藤沢市の北に位置し、人口は約8万4000人。鉄道の発達した関東では珍しく「鉄道の駅がゼロ」で、公共交通機関はバスのみ。周囲の市町村から「観光スポットも名産品もない」と軽く見られがちな町でした。

ところが、2014年からのわずか3年弱で、綾瀬は鮮やかな変ぼうを遂げました。今や神奈川県内のみならず、全国の市町村から羨望のまなざしを向けられる存在となったのです。

官民一体の町おこしがスタート

綾瀬の人々は、日ごろ「もっと地元を活性化させたい」「子どもたちが誇りを持てる町にしたい」という思いを抱いていました。そんな思いを知る市役所職員が相談したのは、前回のコラム「『あまちゃん』ロケ地観光のいまだ根強い人気」(8月23日配信)でも紹介した東京・虎ノ門の『地域活性プランニング』。全国各地の地域活性化を手がけるプロ集団です。

ロケの立ち会いからグルメ研究開発まで、大活躍のブタロケ隊(写真:神奈川県綾瀬市提供)

観光目的のない綾瀬にとって、どんなことが地域活性化につながるのか。その答えは、「テレビ番組や映画のロケを誘致すること」でした。このプランなら「タレントやスタッフが住む東京から距離が近いうえに、落ち着いた環境で撮影できる」という立地を生かしつつ、「ファンを観光客として集められる」という明るい未来が描けたのです。

次ページ官民一体となって撮影のサポート体制を整えた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。