ルノー・日産、中国でEV共同開発企業を設立へ

東風汽車集団と合弁で小型SUVを開発

 8月29日、仏ルノー・日産自動車連合は、中国の自動車大手、東風汽車集団と中国市場向け電気自動車(EV)を共同で開発する合弁会社を設立することで合意したと発表した。写真は日産のロゴ。パリ近郊のフランで2月撮影(2017年 ロイター/Benoit Tessier)

[東京 29日 ロイター] - 仏ルノー<RENA.PA>・日産自動車<7201.T>連合は29日、中国の自動車大手、東風汽車集団<0489.HK>と中国市場向け電気自動車(EV)を共同で開発する合弁会社を設立することで合意したと発表した。

開発するEVは通信機能を備えた小型のSUV(スポーツ型多目的車)タイプで、2019年から東風汽車の中国の工場で生産する予定。

EV技術に強みを持つルノー・日産連合、生産面でコスト競争力のある東風汽車が互いの経営資源を活用し、低価格帯のEVを投入することで、今後、一段と競争が激化する現地でのEV市場で優位に立ちたい考えだ。

新会社の名称は「eGTニュー・エナジー・オートモティブ」で、ルノーと日産が25%ずつ、東風汽車が50%を出資する。新会社は湖北省十堰市に拠点を置き、19年から同市内にある東風汽車の工場(年間生産能力12万台)で生産を始める。共同開発したEVはそれぞれのブランドで販売する見込み。

中国は18年以降に自動車メーカーに対して一定台数の電動車の販売を義務づける環境規制を導入する見通しで、各社が競争力のあるEVの投入を急いでいる。

*内容を追加しました。

(白木真紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT