飛行20時間!「超長距離フライト」の破壊力

カンタス航空が「5年以内の実現」を呼びかけ

東京から遠距離にある、 シドニー―ロンドン間の距離(約1万7000キロメートル)に当てはまる都市という基準で探すと、「地球の裏側の南米大陸のどこか」ということになる。

そう考えると、日本―ブラジル間に日系ブラジル人の里帰り客や南米への観光客需要を念頭に、無着陸直行便を週に何便か飛ばすプランができなくもない。ただ、新規機材を導入してまで飛ばすほどの必要性があるかどうかは疑問だ。

一方で、東南アジアの大手各社が超長距離機材をそろえ始めると日系航空会社には脅威となりうる。現在、ASEAN諸国と米大陸間の旅客需要は急激に伸びており、ANAとJALは共に東南アジアからの乗り継ぎ客取り込みに躍起になっている。ところが超長距離機が普及するにつれ、これら乗り継ぎ客が日本を飛び越えて直接米大陸に向かうことが予想できる。今のうちに、東南アジアの人々に日本を「乗り継ぎのついでに立ち寄る魅力のある国」と訴えておく必要があるのかもしれない。

採算面の見通しは厳しい

カンタスにとって悲願の英国行き超長距離直行便はマーケットにどう受け入れられるのだろうか。

カンタスは2020年代前半に「ジャンボ機」を退役させ、新規機材として超長距離機を導入する考えだ(写真:カンタス航空提供)

英国の航空アナリスト、ジョン・ストリックランド氏は、長距離便は運航経費が高いことから「かなりのプレミアムを乗せないとペイしないのではないか」としたうえで、「各社が入り乱れる英豪線はすでに激戦。生き延びるのは簡単ではなさそうだ」と厳しい見通しを示している。

超長距離フライトは、航空機メーカーが軽量素材や効率のいいエンジンなどを導入し、さらなる研究を進めたうえでようやく実現が可能となる。5年後の航空旅客マーケットははたしてどのような姿になっているのだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。