飛行17時間!「夢の英豪直行便」就航の秘密

ロンドン-パース1万4500キロをひとっ飛び

英豪間直行便に導入されるカンタス航空の787-9型機(写真:カンタス航空)

英国―オーストラリア間のノンストップ便が就航へ

この連載の一覧はこちら

所要時間は17時間、飛行距離は約1万4500キロ。「旅客機の性能上、ほぼムリ」とされて来た、英国―オーストラリア間のノンストップ便がついに就航する。カンタス航空が2018年3月から、西オーストラリア州のパースとロンドンを結ぶ定期便を始めることになった。12月11日に明らかにした。

「オーストラリア人はこれまで欧州への直行便を得たことはない。就航による期待度はとてつもなく大きい」

「カンタスが1947年、オーストラリアからロンドンへ『カンガルールート』を初就航させた際、片道4日間、途中9カ所も寄港した。それがパースからわずか17時間のノンストップで飛べるようになるのは意義深い」

カンタス航空グループのアラン・ジョイス最高経営責任者(CEO)は、初の英豪間ノンストップ便についてこう語る。

パース―ロンドン間の直行便の使用機材は、米ボーイングの787-9ドリームライナーとなる。座席数は236席で、所要時間が世界中を飛ぶ旅客便で最長級となることから、機内サービスについてより快適で時差ボケが軽減できるような工夫がなされている。

次ページ映画「風と共に去りぬ」が4回半見られる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT