ジャンボ機にこだわる「ドイツの翼」の秘密

日本の顧客はプレミアム戦略でつかむ

ルフトハンザドイツ航空は、欧州で最大のエアラインだ

「ジャンボ」の愛称で親しまれた、ボーイング製の大型航空機「B747」。4基のエンジンを備え、2階建ての客室を持つ。かつては日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)といった日本の航空会社も、国内線、国際線の両方で飛ばしていた。しかし、燃費効率の悪さや、席数の多さゆえの客数確保の難しさもあり、JALは2011年、ANAでは2014年に退役している。

一方、日本発着の便で、旧型ジャンボの「B747-400」と最新型の「B747-8」をいまだに飛ばし続ける航空会社がある。欧州最大のエアライン、独ルフトハンザドイツ航空だ。同社はこのほか、エアバス製の「A340」も飛ばしており、日独間を結ぶ便はすべて4基エンジンを積んだ大型機で運航されている。

なぜ大型機にこだわるのか?

ルフトハンザと提携するANAが日独間で飛ばしているのは、エンジンを2基だけ積んだ「双発機」のみだ。技術の向上が進み、燃費効率と航続距離が両立できるようになってきたことで、双発機は近年の航空業界のトレンドになっている。ANA、JALともに近年多数を発注しているボーイング製「B787」はその代表格と言える。

では、ルフトハンザがそのトレンドに逆行しているようにも見える戦略を取るのはなぜなのか。

このほど来日したルフトハンザグループのカーステン・シュポアCEO(最高経営責任者)を直撃すると、こんな答えが返ってきた。「グローバル企業として、“プレミアム”にこだわらなければならない」のだという。

次ページ「プレミアム戦略」を学ぶ相手とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。