ジャンボ機にこだわる「ドイツの翼」の秘密

日本の顧客はプレミアム戦略でつかむ

ルフトハンザドイツ航空は、欧州で最大のエアラインだ

「ジャンボ」の愛称で親しまれた、ボーイング製の大型航空機「B747」。4基のエンジンを備え、2階建ての客室を持つ。かつては日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)といった日本の航空会社も、国内線、国際線の両方で飛ばしていた。しかし、燃費効率の悪さや、席数の多さゆえの客数確保の難しさもあり、JALは2011年、ANAでは2014年に退役している。

一方、日本発着の便で、旧型ジャンボの「B747-400」と最新型の「B747-8」をいまだに飛ばし続ける航空会社がある。欧州最大のエアライン、独ルフトハンザドイツ航空だ。同社はこのほか、エアバス製の「A340」も飛ばしており、日独間を結ぶ便はすべて4基エンジンを積んだ大型機で運航されている。

なぜ大型機にこだわるのか?

ルフトハンザと提携するANAが日独間で飛ばしているのは、エンジンを2基だけ積んだ「双発機」のみだ。技術の向上が進み、燃費効率と航続距離が両立できるようになってきたことで、双発機は近年の航空業界のトレンドになっている。ANA、JALともに近年多数を発注しているボーイング製「B787」はその代表格と言える。

では、ルフトハンザがそのトレンドに逆行しているようにも見える戦略を取るのはなぜなのか。

このほど来日したルフトハンザグループのカーステン・シュポアCEO(最高経営責任者)を直撃すると、こんな答えが返ってきた。「グローバル企業として、“プレミアム”にこだわらなければならない」のだという。

次ページ「プレミアム戦略」を学ぶ相手とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT