飛行17時間!「夢の英豪直行便」就航の秘密

ロンドン-パース1万4500キロをひとっ飛び

広いオーストラリアで多くの人口を抱える地域はシドニーやメルボルンがある東海岸だが、さすがに欧州との直行便をそこまで飛ばすのは無理なことから、パースに新たに国際線のハブを設けることにした。これについてジョイスCEOは、欧州に行く前にパースでストップオーバーする旅客もいることを見越し、「この機会に西オーストラリアに立ち寄る国内観光客の拡大にも努めたい」と自国の地方復興のPRにも余念がない。

英豪間を無着陸で飛ぶとは

ロンドン―オーストラリア間のノンストップ直行便運航は、カンタス航空の歴史上で過去に1度だけある。

1989年8月に、ボーイング747-400がオーストラリアに回送された際、ロンドン・ヒースロー空港からシドニー・キングスフィールド空港に向けて飛んだという記録が残る。この時の総飛行距離は1万7039キロ、所要時間は19時間52分だったという。フライトプランでは所要20時間9分だったので実際には若干早着できた格好となったが、シドニー着陸予定時の残存燃料は飛行時間にして45分、とぎりぎりの計画だった。

当時の飛行ルートをたどると、ロンドンを離陸した747-400は途中、フランクフルト、イスタンブール、テヘラン、オマーン、コロンボからインド洋を横切り、ココス諸島の上空を経てシドニーに向かった。2018年から飛ぶ直行便はパースに向かうため、インド洋では南寄りのコースを飛ぶことになるだろうが、この過去の記録がおおむね新規就航ルートの参考になるだろう。

それにしても1フライトで所要17時間はいかにも長い。「長い飛行機に乗る時、映画を見るのが楽しみ!」という人なら、17時間あれば6本くらいはいけそうだ。しかし、はたしてそんなに見続けられるだろうか。ちなみに、英豪線の直行便運航決定を報じるBBCニュース(電子版)は「17時間でできること」を以下のように解説している。

・映画「風と共に去りぬ(上映時間3時間58分)」が4回半見られる
・国際宇宙ステーション(ISS)への所要時間のおよそ3倍
・1440ページあるトルストイの長編小説「戦争と平和」が3分の1ほど読める
・「ゲーム・オブ・スローンズ」のシーズン1(18回)を全部見てもまだ時間が残る
・サッカーなら11試合できる
【長距離ノンストップ便の例】
ドーハ―オークランド(カタール航空/B777)1万4539km 所要18時間34分(2017年2月から)
ドバイオークランド(エミレーツ航空/A380)1万4200km 所要17時間20分(運航中)
シドニー―ダラス(カンタス航空/A380)1万3804km 所要16時間50分(運航中)
次ページ激しいシェア争い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT