私たちは「大人の脳」の使い方を知らなすぎる

10代半ば頃からは勉強法を変えるべき

Q. 反復練習 or 語呂合わせ 脳の効率がいいのはどっち?

大人にいいのは、「語呂合わせ」です。

子どもの頃は「神童」と呼ばれていたのに……という方、周りにいませんか? 自分がそうだった、という方もいるかもしれません。子どもの脳が得意としているのは、「機械的記憶」。これはまるで「コピペ(コピー・アンド・ペースト)」するかのように、物事を暗記する能力です。

ですから子どもの頃は、どんなことでもどんどん記憶できてしまいます。モンスターの名前をソラで言える子、昆虫にやたらと詳しい子、英語の歌を1回聞いただけで歌う子。これらは皆、機械的記憶のなせる技です(ですから親は「うちの子は天才!かも」と思ってしまうのですね)。

大人の脳は「とにかく全部覚える」というような力技を使わなくなります。もっと効率よく、物事を暗記しようと試みるのです。大人の脳は省エネなのですね(実際子どもの脳は、大人の2倍ほどのエネルギーが必要です)。

「連合記憶」を活用する

『「脳を本気」にさせる究極の勉強法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

大人の脳が好んで使うのが「連合記憶」というもの。これは何かと何かを関連づけて覚える方法です。関連づけられるようになるためには、脳にある程度の知識がストックされる必要があります。機械的暗記から連合記憶に変わるのは、10代の半ばくらい。ですから、大学受験のときにはもう、連合記憶の活用を始めるのがいいのです。

語呂合わせは連合記憶を利用するうまいやり方です。「794(鳴くよ)うぐいす平安京」「1467(人の世むな)し、応仁の乱」。このような歴史の年号だけでなく、あらゆる暗記もので語呂合わせができないか、工夫してみるといいですね。私は英単語も語呂合わせで覚えました(笑)。数十年たった今でも忘れないのは、連合記憶を活用したからなのです。

大人には、大人用の勉強法があります。そしてそれを知ることは、今からでも遅くありません。なぜなら、脳は使い始めたその日、その瞬間から成長し始めるものだからです。あなたがあきらめることさえしなければ、脳の成長に終わりはないのです。

(構成:黒坂真由子)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT