大銀行の人事異動は、とてつもなく理不尽だ

「銀行渉外担当 竹中治夫」第8巻を読み解く

こしのりょう/高杉良『銀行渉外担当 竹中治夫』

大きな組織のなかで翻弄される個人

銀行渉外担当 竹中治夫 ~『金融腐蝕列島』より(8)

竹中治夫は今回のストーリーでは怪文書によって、彼の人事異動が大変な危機にさらされることになる。大きな組織のなかで自分の意思ではどうにもならない運命に翻弄される個人の戦う姿というのは痛快である。

『銀行渉外担当 竹中治夫』第8巻では、こうした銀行の秩序維持のためのルールが理不尽に竹中の人生をふりまわそうとする。カミュは「人生は理不尽なものなので、個人の人生に大きな意味はない。自分の人生を大きな物語に投げ込め」と語った。カミュがいう「大きな物語」とは共産主義だったが、現代の大企業に生きる会社員にとっては、会社こそ自身を投げ込むべき「大きな物語」なのかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT