大銀行の人事異動は、とてつもなく理不尽だ

「銀行渉外担当 竹中治夫」第8巻を読み解く

こしのりょう/高杉良『銀行渉外担当 竹中治夫』

取引先にまで配られる怪文書

それと不謹慎ながらもうひとつ面白いのが政界と同様で「怪文書」がとくに多いのが銀行・証券などの金融界である。『怪文書の研究』や『住友銀行秘史』などに詳しいが、住友銀行の磯田体制ではとくに多くの怪文書がマスコミや大蔵省、取引先にまで配られた。こうした「怪文書」はマスコミ・医学・教育・宗教などのオーナーの力が強い組織や許認可が絡んだ銀行・証券などが特に多かった。

次ページ現代における「大きな物語」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT