大銀行の人事異動は、とてつもなく理不尽だ

「銀行渉外担当 竹中治夫」第8巻を読み解く

巨大な組織、銀行で生き残っていくために必要なこととは?(撮影:今井康一)

銀行員の給料は高い。東洋経済などの生涯年収ランキングなどでは、三井住友、三菱東京UFJ、みずほのすべてのグループが日本の企業のなかでベスト100に入っている。

従業員数も3グループとも連結で3万人を超える巨大な組織である。日本企業のなかでも相対的に高い給与で多くの優秀な人材を集め、集団として機能させ、組織の秩序を維持していくための仕組みが銀行にはたくさん張り巡らされている。

入行年次と出身大学についてのマニア

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

たとえば、都銀の銀行員は同僚の入行年次と出身大学についてのマニアである。この情報と現在のポジション、本人の能力・実績の掛け算で同僚たちの将来の可能性を値踏みしつづけるのが銀行員の習性である。つまり春と秋の人事こそ銀行員にとっての最大のイベントでありエンターテインメントになる。

竹中治夫には悪いが、読み手にとってはこの銀行の人事が面白い。『銀行渉外担当 竹中治夫』第8巻はそんな竹中治夫と銀行の人事の理不尽が思う存分楽しめるストーリーになっている。

銀行の面白い人事の慣習として、同支店内で結婚したら左遷人事とか、離婚したら出世コースから外れるというのがある。自分の家庭の秩序さえ守れない人材には銀行の仕事は任せられないということなのだろうか。

次ページ離婚した銀行員が押される烙印
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。