戦車アニメファンも実感、進化する日本の防衛

吉崎 達彦が読む、ちょっと先のマーケット

新潟記念は、トレイルブレイザーの単勝で

 さて、夏休みもそろそろ終わり。子供たちは宿題の仕上げに忙しい。そして夏競馬も今週末でフィナーレを迎える。新潟記念である。
 どうでもいいことだが、東富士演習場において「標的は○キロ先」などという説明を聞くたびに、「1キロか、アイビスサマーダッシュだな」「3キロか、そうか春天よりも少し短いくらいか」などと頭の中で換算していた。そのたとえでいくと、週末の新潟記念は2000メートルで、皐月賞や秋天(秋の天皇賞)と同じ距離。ヒトマル戦車が楽々と標的に命中させる距離だ。

 ということで、筆者の選択はトレイルブレイザー。7月7日には、同じ芝2000の七夕賞でマイネルラクリマに次ぐ2位に入っている。これまで武豊騎手騎乗で今一つの戦績が続いてきたが、北村宏司騎手騎乗で一皮むけた感あり。先週のエルムS、エーシンモアオバーは2着だった。複勝は取れたけれども、できれば単勝をきれいに当てて夏の終わりを迎えたい。次週の9月7日からは、わがホームグランド、中山開催が待っている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。