公開!売れ筋「スナック菓子」トップ100商品

定番強さ目立つが期間限定品や新製品も健闘

同じくTrue Dataを使って調べてみたメーカー別の100万人当たり売り上げ上位ランキングは次のとおりだ。

カルビーが2位以下を4倍以上引き離す

1位 カルビー/422.9万円
2位 湖池屋/87.1万円
3位 ヤマザキビスケット/75.8万円
4位 おやつカンパニー/47.1万円
5位 東ハト/45.5万円
6位 ハウス食品44.3万円
7位 明治/37.7万円
8位 ジャパンフリトレー/31.7万円

2位以下を4倍以上も引き離すカルビーの圧倒的な強さが目立つ。マーケティング用語的にいえば、メーカーではカルビーがリーダーで、湖池屋とヤマザキビスケットがチャレンジャー、その他がフォロワーといったところか。

各社とも海外にも目を向けている。日本国内でのノウハウをためて、それを海外展開しようとする。パーティーや催し物が多いため、ポテチ類は年末にかけて売上を伸ばしていくだろう。これからまさにスナック菓子の季節がやってくる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT