成田新幹線用地が「日本最長メガソーラー」に

京王線も来るはずだった千葉ニュータウン

千葉ニュータウンメガソーラーの太陽光パネル(左)とPCS(右)。線状の敷地は建設コストや送電ロスの面で不利になる(筆者撮影)

長さ故の問題もある。一般的なメガソーラーは四方八方に広がるようにしてパネルを敷き詰め、敷地の中心には発電した直流電流を交流に変換する中間変電所(PCS)を設置している。このように配置するとパネルとPCSを結ぶ電線を短くでき、建設コストや送電ロスを抑えられるという。

これに対し、線状のメガソーラーは電線が長くなりやすく、建設コストや送電ロスの面では不利になる。ただ、メーカー関係者は「電線を太くすることで送電ロスを抑えた。事業採算上の問題はない」と話す。

このほか、列車の運転士がまぶしくないよう、パネルには反射を抑える加工が施された。工事の際も、営業列車が運転されている時間帯にはクレーンを使わないようにするなど、鉄道の安全確保に配慮したという。

新幹線用地の有効活用策として

他のメガソーラーにはない制約がいくつかあり、SGETの谷脇栄秀社長も7月18日の開所式で「設置場所としては最適とはいえない」などと話していた。なぜ、そんな場所にメガソーラーを建設したのか。端的にいえば、幻に終わった「成田新幹線」の建設用地の有効活用策として、メガソーラー構想が浮上したためだ。

成田新幹線は、東京駅と新東京国際空港(現・成田国際空港)を結ぶはずだった、全長約65kmの新幹線だ。途中で千葉ニュータウン内を通り、現在の千葉ニュータウン中央駅に隣接して千葉ニュータウン駅(仮称)を設置。全体の所要時間は最短30分の計画だった。

東京駅から成田空港までは現在、JR在来線特急「成田エクスプレス」や成田スカイアクセス経由の京成スカイライナー(日暮里乗り換え)を使っても、1時間前後かかる。そのため「世界一不便な空港」と言われ続けてきたが、当初は新幹線を建設することで、アクセス時間を短くしようとしていたのだ。

次ページニュータウン造成時に2路線分の用地を確保
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT