成田新幹線用地が「日本最長メガソーラー」に

京王線も来るはずだった千葉ニュータウン

鉄道用地の現在の状況。成田新幹線と北千葉線の小室以西は中止され、北千葉線の小室以東は北総線・成田スカイアクセスの線路が建設された(地図ソフト「カシミール3D 地理院地図+スーパー地形セット」で筆者作成)

これに対して北総線は、遅々とした歩みながら工事が進められた。当初の計画区間である京成高砂―小室間は、1979年から1991年にかけて開業。小室以東も北千葉線の計画を引き継ぐ形で順次延伸され、1984年から2000年にかけて小室―印旛日本医大間が開業した。さらに2010年、北総線を成田空港に延伸する成田スカイアクセスが開業し、現在に至っている。

この結果、千葉ニュータウン内の鉄道用地は小室―千葉ニュータウン中央間を境に、西側の北千葉線用地と東側の成田新幹線用地が残った。これらの用地は、北総線・成田スカイアクセスの線路脇。しかも周辺の商業・住宅用地より一段低い掘割状になっていて、他の用途には転用しにくい。千葉県は活用策を見いだせないまま、長年放置するしかなかった。

メガソーラーの「延伸」は?

メガソーラー整備後も北千葉線小室以西の建設用地は空き地のまま(線路の手前側)。メガソーラーがここまで「延伸」される日は来るのだろうか(筆者撮影)

メガソーラーの整備構想が浮上したのは2014年のことだ。「成田スカイアクセスの開業で新幹線建設の芽はなくなった」(千葉県関係者)こともあり、千葉県は成田新幹線の用地を使ったメガソーラーの設置・運営業者を募集。2016年4月に着工し、成田新幹線の正式中止から30年が過ぎた今年7月15日、運転を開始した。

メガソーラーの最適地とは言い難いが、何にも使わずに放置しておくよりはベターな選択だろう。土地の賃借料は1平方メートルあたり年額180円で、千葉県の収入も増える。それにしても、電気を消費する高速列車が走るはずだった土地に電気を生み出す施設が整備されるとは、どういう皮肉だろう。

こうなると、残る北千葉線の用地をどうするのかも気になるところだ。しかし、具体的に何を整備するかは何も決まっていない状態という。道路など別の施設が整備されることになるのか。それとも、国内最長のメガソーラーが「延伸」されることになるのだろうか。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT