成田新幹線用地が「日本最長メガソーラー」に

京王線も来るはずだった千葉ニュータウン

1973年10月時点の計画ルート。2路線分の鉄道用地(灰色)のうち南側の通勤鉄道用地は北千葉線が使用。北側の高速鉄道用地は成田新幹線と北総線で分け合った(地図ソフト「カシミール3D 地理院地図+スーパー地形セット」で筆者作成)

成田新幹線・北千葉線・北総線の3路線が乗り入れると、鉄道用地が2路線分では不足するはず。しかし、高速鉄道用地を成田新幹線(東半分)と北総線(西半分)で分け合う形になったため、鉄道用地が不足することはなかった。

北千葉線は都営新宿線・京王線との相互直通運転を行う計画だった。実現していれば、このほど完成した京王電鉄の5000系(写真)も成田新幹線の列車と並走していたかもしれない(筆者撮影)

ちなみに、現在の北総線は京成高砂駅に接続して京成線・都営浅草線・京急線との相互直通運転を行っているが、北千葉線は本八幡駅まで伸ばし、都営新宿線・京王線との相互直通運転を行う計画だった。「都営」新宿線が千葉県市川市内の本八幡駅まで建設されたのも、北千葉線との接続を考慮したためだ。

この時点の計画が実現していれば、現在の千葉ニュータウン中央―印旛日本医大間では、北千葉線と成田新幹線の線路が並行したことになる。今頃はJR東日本のE2系新幹線電車と、京王電鉄の新型5000系電車が並んで走る姿を見ることができたかもしれない。

反対運動や経営悪化で鉄道用地は放置

こうして千葉ニュータウンの造成にあわせて鉄道用地の確保が進められたが、鉄道の計画は当初の予定通りには進まなかった。

成田新幹線は、予定ルート上の東京都江戸川区を中心に建設反対運動が激化。ニュータウン外では用地をほとんど確保できなかった。成田空港付近の高架橋やトンネルが完成した1983年には、国鉄の経営悪化を受けて凍結。1987年の国鉄分割民営化にあわせて正式に中止されてしまった。

北千葉線も、とくにニュータウン外の本八幡―新鎌ヶ谷間で用地買収が進まなかった。そもそもニュータウン自体、第一次石油ショックの影響などで計画が縮小され、2本の通勤鉄道を整備する必要性が薄れた。結局、1978年に計画が凍結され、2002年には正式に廃止されている。

次ページ決まらなかった「幻の鉄路」用地の使い途
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT