「終身保険=実質の保険料負担なし」は誤解だ

掛け捨てのほうが「実質的な負担」は軽い

日々、営業成績を追いかけるなか、放置していた疑問が氷解したのは、先に書いたとおり、独立後のことです。①の図を分解するとわかると思います。

(図②:筆者作成)

たとえば、死亡保険金額が1000万円の終身保険には、契約成立直後から、万が一の場合に1000万円の保険金を支払うための保障部分があります。この部分に要する保険料は、いわゆる「掛け捨て」になります。

一方で、一生涯の死亡保障を約束しているため、将来の保険金支払いに備え、保険料の相当額を蓄えていく積み立て部分もあります。中途解約時にそれなりの払戻金があり、老後にまとまった額になるのは、積立額が増えているからです。

保障部分は、積み立て部分が増えるにつれ減っていきます。仮に積立金が500万円貯まった時点で、死亡保険金支払いが必要になる場合、保障部分から500万円の保険金支払いができれば、積立金と合わせて1000万円を遺族に届けられるからです。この構造は、保障期間に満期があり、無事に満期を迎えると死亡保険金額と同額の満期金が支払われる「養老保険」でも同じです。

大きなマイナスから積み立てを始めるようなこと

これらの保険は、「掛け捨て部分」と「積み立て部分」からできているため、シンプルな掛け捨ての保険より、保険料が高額になります。したがって、保険会社が営業職員や代理店に対し、掛け捨ての保険より低い販売手数料“率”を設定していても、手数料“額”は大きくなりやすいのです。

それは、中途解約時の払戻金の推移を確認するとわかると思います。商品・年齢等により異なるものの、契約から1年で解約した場合の払い戻し率は50%に達しないケースが多々あります。外貨建て保険など、0%のこともあるのです。

通常、貯蓄性や積立部分といった言葉からイメージされるのは、グラフの原点から右肩上がりの線だと思います。ところが、終身保険のような保険では、死亡保障にかかる費用はもちろんのこと、契約初期に発生する販売手数料等の経費が高額であるため、「大きなマイナスから積み立てを始めるようなことになる」と理解したほうがいいのです。

(図③:筆者作成)
次ページいくつものリスクを考えると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT