子どもが間違った報道に踊らされないために

出す側の理屈と受け手の注意を絵本で学ぶ

今回下村さんが出版した『窓を広げて考えよう〜体験!メディアリテラシー』(かもがわ出版)を通じてメディアリテラシー教育の普及を推進しようと、この本を母校などに寄贈するクラウドファンディングを始めた団体があります。『日本中の子どもたちに「メディアリテラシー」を広げる会』です。学生時代に下村さんからメディアについて指導を受けた若手社会人が有志で集まりました。このクラウドファンディングでは、1口3000円で、母校や指定した学校の図書室に寄付者本人の名前でこの絵本が届けられます。

大きな変化のはじめの一歩になるかもしれない

「絵本を送った誰か一人の子供の目が開かれるだけじゃなくて、その学校の図書室を訪れる子供達、代々この後も大勢の子供達が広い景色を見られるようになる。これ本当にあなたのおかげで母校のエリアの子供達が変わる、子供達が変わったらそのエリアが変わる。やがて学級会が変わったら国会が変わる。本当に大きな変化のはじめの一歩になるかもしれません。」と、著者の下村さんは話します。

絵本が届けられた学校の子供たちだけでなく、先生の一助にもなればと期待をしています。

「先生たち、メディアリテラシーを教えろ、あるいはアクティブラーニングやりなさいと言われても、掛け声だけ言われても途方に暮れる。そこには何らかの具体的な道具をシェアしないといけなくて、この絵本がその道具の一つになればいいなと本当に思います。」

「日本中の子どもたちに『メディアリテラシー』を広げる会」については「GARDEN」当該記事
GARDEN Journarismの関連記事
【社会課題解決支援】余命2ヶ月と宣告されたデザイナーと、仲間たちがつくる未来 リディラバが新たなメディアを立ち上げへ
【被災地支援】福島12市町村での起業を応援し、福島から社会を動かしたい
【子どもの貧困支援】ふるさと納税を活用した『こども宅食』がスタート 自治体・NPO・企業が子どもの貧困解決に向けて協働
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現地ルポ<br>アメリカ・若者たちの反乱

Z世代、ミレニアル層と呼ばれる米国の若者が大きく揺れている。従来の保守、リベラルの枠組みを超えて右と左に分裂、新しい政治運動を推し進めている。彼らの受け皿となっている新・社会主義、リバタリアニズムの現場をリポート。

  • 新刊
  • ランキング