フランスの試験問題に不正解がない深い理由

問いにはいろいろな答えがあって当然だ

――哲学的に考える契機になるかもしれない……。

これでは不平等になる、先生によって教える内容も採点基準も違うことになる、と不満が出る。これに対しては、世の中において不条理は付きもの、それが人生だとの答えが返ってくる。自分の人生において親を選べない。性別も国籍も選べない。学校の先生の良しあしごときの話ではない。そういうものなのだとたたき込んでおかないと、「歪んだ平等感」を持つ。幼少時から自然にわからせておく。そうすれば本人も打たれ強くなる。失敗を逆に面白がり、また後々自ら考えて自立していく人になるとの考え方だ。

――新大統領が体現している印象です……。

マクロン大統領は39歳。フランス史上最年少で、71歳の米国トランプ大統領とのやり取りでも負けてはいない。むしろ彼に垣間見える「老獪さ」からは、両者は対等だという印象を受けた。フランスの政治家は若い時代にトップ養成校のグランゼコールなどで鍛えられる。虚勢はなく、そういう局面での立ち居振る舞いをロジカルに体得している。今回も自身の言いたいことを相手にうまく言わせていた。

三色旗が象徴する「自由・平等・博愛」の平等は…

岩本麻奈(いわもと まな)/東京女子医科大学医学部を卒業。慶応義塾大学医学部皮膚科学教室で研修。南フランスの大学病院で美容皮膚科学、抗老化医学を習得。パリ第8大学ほかで芳香療法・予防医学などを学び、欧州の製薬・化粧品企業のアドバイザーを務める。在仏20年(撮影:梅谷秀司)

――スーパーエリートだから?

確かに彼らはすごく達者だ。日本と教育制度が違い、受験の一点に絞って暗記に励むのではなく、バカロレアに向けて、そして国立行政学院(ENA)などグランゼコールの修了までの期間に、それなりのトレーニングが効いて特権的なキャリアに育っていく。

――階級社会であるようですね。

しっかり残っている。平等とは“神の前”においてであって、その橋渡しをするのが学歴との見方だ。実態は学歴による「階層社会」。実際、一握りのスーパーエリートが国際的舞台に立って、国民を牽引している。この階層社会においては、頂点にいるエリート層とそれ以外との間に、持てる富と名誉と権力について隔絶した差がある。それはほぼ学歴によって規定される。そして彼らは国家の手によるスーパーエリート育成の教育システムから輩出されているのだ。

次ページフランス人の人生観の根底には
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT