気軽な海遊び「スタンドアップパドル」の魅力

「SUP」ならば初めてでもすぐに楽しめる

SUPで楽しめることは、まさに“水上散歩”というべきものだとか。大ぶりなボードに立ち、パドルでゆったりと進んでいくのだ。ボードの上で読書をしたり、ヨガをしたり、釣りもできる。またタンデムで乗れるので、子どもやパートナーと楽しい時間を過ごすことができる。……つまり楽しみ方は自由自在というわけ。

「それに奥が深くて、上達すれば立ったまま漕いで波に乗れるSUPサーフィンも目指せますし、スピードを競うレースという道にも進めます。誰でも楽しめる遊びから専門的な競技まで、ひとつ大きな枠組のなかで自由にやれるところがいいんですよね」

自身で道具を揃える人も

そして「最近は自身で道具を揃える人も増えてきました」と平林さん。ロングボードよりも大きくて幅があるため海辺のショップに預けたり、自宅に保管したい人は空気を入れて膨らませるインフレータブルタイプを買うのだとか。

「日本では購入者の6割ほどが、インフレータブルタイプを購入しているようです。コンパクトに折りたためて専用バックパックに入れて背負えるので、山に持っていって湖などで楽しんだりできます」

キャンプの余興としても楽しめるなんて、結構意外では? ユル~い水上散歩は、親子のコミュニケーションにも活用できそうだ。本格的に見えて実は手軽なウォーターアクティビティ。夏らしい週末を過ごすには、ピッタリじゃない?

■教えてくれた人
平林 真さん
「葉山オーシャンスポーツ」代表。葉山のビーチに面した古民家クラブハウスで、スタンドアップパドルボードを気楽に身軽に楽しめる会員制クラブ。ボードのレンタルやマイボードの保管サービスも行う。
http://hayama-story.com
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。