気軽な海遊び「スタンドアップパドル」の魅力

「SUP」ならば初めてでもすぐに楽しめる

SUPでユル~い水上散歩を楽しむ
成熟した男性は、仕事人、家庭人、地域人といった3つの顔を持つという。しかし、自分なりの美意識を持った37.5歳からのオーシャンズ世代なら、ここに「趣味人」としての顔を付け加えたい。自分らしい趣味を持つことでハレとケを使い分ければ、仕事にも家庭にも、きっと良い影響を与えてくれるはず。オッサンだからと尻込みすることなかれ。人生をちょっと潤わせてくれる「新しいコト」に挑戦してみよう!

初めてでもすぐに楽しめる

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

近年、ビーチを賑わせている新たなマリンアクティビティがある。それがSUP(サップ)。Stand Up Paddleboardの略で、最近日本でも爆発的に人口が増えているのだとか。

「諸説あるんですが、そもそもSUPは1960年代にハワイで生まれたものだとされています。ビーチボーイの遊びがルーツだと言われていますね」

こう教えてくれたのは、「葉山オーシャンスポーツ」代表の平林真さん。実はマリンアクティビティの本場で生まれた、由緒正しいものなのだ。しかし“遊び”というだけあってか、実は極めて手軽なことも特徴。

「Tシャツで楽しむ方も多いですよ。風が弱く波が穏やかな日なら、慣れた人なら大抵落ちませんからね。ちょっと学んだだけで、誰もが楽しめるようになります。ウィンドサーフィンにしてもサーフィンにしても、最初はなかなか難しく、慣れて上達しないと楽しさがわかりにくいかもしれないけど、SUPは初めてでもすぐに楽しめます。女性や家族にかっこ悪いところを見せなくて済みますよ(笑)。当クラブでは、60代半ばの女性も楽しんでいます」

次ページ楽しみ方は自由自在
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT