気軽な海遊び「スタンドアップパドル」の魅力

「SUP」ならば初めてでもすぐに楽しめる

SUPでユル~い水上散歩を楽しむ
成熟した男性は、仕事人、家庭人、地域人といった3つの顔を持つという。しかし、自分なりの美意識を持った37.5歳からのオーシャンズ世代なら、ここに「趣味人」としての顔を付け加えたい。自分らしい趣味を持つことでハレとケを使い分ければ、仕事にも家庭にも、きっと良い影響を与えてくれるはず。オッサンだからと尻込みすることなかれ。人生をちょっと潤わせてくれる「新しいコト」に挑戦してみよう!

初めてでもすぐに楽しめる

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

近年、ビーチを賑わせている新たなマリンアクティビティがある。それがSUP(サップ)。Stand Up Paddleboardの略で、最近日本でも爆発的に人口が増えているのだとか。

「諸説あるんですが、そもそもSUPは1960年代にハワイで生まれたものだとされています。ビーチボーイの遊びがルーツだと言われていますね」

こう教えてくれたのは、「葉山オーシャンスポーツ」代表の平林真さん。実はマリンアクティビティの本場で生まれた、由緒正しいものなのだ。しかし“遊び”というだけあってか、実は極めて手軽なことも特徴。

「Tシャツで楽しむ方も多いですよ。風が弱く波が穏やかな日なら、慣れた人なら大抵落ちませんからね。ちょっと学んだだけで、誰もが楽しめるようになります。ウィンドサーフィンにしてもサーフィンにしても、最初はなかなか難しく、慣れて上達しないと楽しさがわかりにくいかもしれないけど、SUPは初めてでもすぐに楽しめます。女性や家族にかっこ悪いところを見せなくて済みますよ(笑)。当クラブでは、60代半ばの女性も楽しんでいます」

次ページ楽しみ方は自由自在
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT