最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

「帰省のお供の1冊」は何にしますか?

「思考実験で論理的思考を鍛える」1冊が1位を獲得!(写真:EKAKI / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、7月30日~8月5日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(7月30日~8月5日)のランキングでは、「トロッコ問題」「テセウスの船」「アキレスと亀」などを題材に論理的思考を解説した『論理的思考力を鍛える33の思考実験』(北村良子著、彩図社)が1位を獲得した。8/4に日本経済新聞に広告が掲載され、反響があった。

前週90位から40位に上昇したのが、『やり抜く人の9つの習慣』(ハイディ・グラント・ハルバーソン著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)だ。「lifehacker」で紹介され、注目が集まった。

次ページ以降、200位までのランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
関連記事
トピックボードAD
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。