売れているビジネス・経済書200冊ランキング

先週もっとも売れたのは「ライフ・シフト」

今売れているビジネス・経済書は?(写真:よっちゃん必撮仕事人 / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、8月6日~8月12日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

首位に返り咲いたのは『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』(東洋経済新報社)。週前半で注文が大きく伸び、週全体を通して注文に強さがみられたとのこと。2位に躍進した伊藤穰一著『9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために』(早川書房)は8月11〜12日に注文が大きく伸びている。

3位『バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方』(小学館)は8月11日に大きく伸びた。NEWSポストセブンによる関連記事の配信が躍進に貢献したようだ。

次ページ以降、200位までのランキングを掲載する。お盆休みに読む実用書探しの参考にしてほしい。

次ページ1〜50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT