売れているビジネス・経済書200冊ランキング

先週もっとも売れたのは「ライフ・シフト」

今売れているビジネス・経済書は?(写真:よっちゃん必撮仕事人 / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、8月6日~8月12日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

首位に返り咲いたのは『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』(東洋経済新報社)。週前半で注文が大きく伸び、週全体を通して注文に強さがみられたとのこと。2位に躍進した伊藤穰一著『9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために』(早川書房)は8月11〜12日に注文が大きく伸びている。

3位『バカは最強の法則: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」負けない働き方』(小学館)は8月11日に大きく伸びた。NEWSポストセブンによる関連記事の配信が躍進に貢献したようだ。

次ページ以降、200位までのランキングを掲載する。お盆休みに読む実用書探しの参考にしてほしい。

次ページ1〜50位は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。