最新!「ビジネス・経済書」200冊ランキング

今週1位は2013年刊行の「あの一冊」

2013年刊行の『嫌われる勇気』が1位を獲得!(画像:miya227 / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本日お届けするのは、7月23~29日のランキングだ。なお「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載している。

先週(7月23~29日)のランキングでは、『嫌われる勇気』(岸見一郎著、ダイヤモンド社)が、1位を獲得した。本書の刊行は2013年12月。刊行から3年以上が経過した今も、多くの支持を得ている。

前週887位から一気に26位まで上昇したのが、『科学的に元気になる方法集めました』(堀田秀吾著、文響社)だ。「週刊女性PRIME」で紹介され、注目が集まった。

次ページ以降、196位までの200冊ランキングを掲載する。今売れているビジネス・経済書を知るための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。