ドイツ人は「シンプルな家事」を徹底している

ストレスの少ない合理的な食生活とは?

ドイツでは自宅の掃除を定期的に外注している人も珍しくない。1週間に1回、あるいは隔週1回程度で住まいをきれいに保てるのなら、依頼する価値はあると考えるのだ。

掃除代行サービス会社から探すことも、口コミで個人に直接依頼することも可能で、料金は頻度や会社(あるいは個人)によっても異なるが、ベルリンの場合は1時間当たり1800円程度で依頼できる。

ドイツの食洗機の家庭での普及率は2016年時点で約7割(c)Yuki Kubota

家事分担や、外注・機械化も考慮に

男女ともに働く現代では、男女の役割分担が明確だった時代の家事は実情に合わなくなっている。それは日本でもドイツでも同じだ。

忙しくても家の中が問題ない程度に回り、誰か一人だけが大きなストレスを溜め込まないようにするには、家族で家事を分担したり、外注や機械化によって作業を減らしたりすることが必要ではないか。平日の食事はシンプルにして、休日に料理を楽しむスタンスもいいのではないか。冒頭のように「やらなければならない」ことが思い込みに過ぎないこともある。

ベストな方法は人それぞれ違う。100人いれば、100通りのやり方があるはずだ。大切なのはそれぞれがストレスを溜めることなく、気持ちよく暮らしていくことではないだろうか。

(ベルリン在住ライター・久保田由希)

【ハフポストの関連記事】
家庭料理はごちそうでなくていい。ご飯とみそ汁で十分。土井善晴さんが「一汁一菜」を勧める理由
「仕事が残ってても休みます」経済大国ドイツの人の働きかた
闘牛士も真っ青? 猫じゃらしで子猫と遊ぶオウムが「たまらなく可愛い」(動画)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。