東大合格率No.1の筑駒は水田で生徒を育てる

都心の超進学校が年間を通して稲作する理由

全身真っ黒、半裸の状態で、まじめにコメントする。頼もしいやらほほえましいやら……。これが秀才集団の素顔なのである。

当たり前のように受け継がれる伝統でもある(写真:学校提供)

農業は学校のアイデンティティの一部

水田稲作学習を指導する主担当が技術科の渡邉隆昌教諭だ。

「筑駒での水田稲作学習には創立以来約70年の歴史があります」

現在は「総合的な学習の時間」として取り組んでいる。

「田植え体験や稲作体験をする学校は全国に無数にあると思います。しかし筑駒の水田稲作学習は、『ちょっと稲作体験をしてみよう』というような気軽なものではありません」

播種(はしゅ)、施肥(せひ)、耕起(こうき)、田植え、除草、防鳥対策、稲刈り、稲架(はさ)がけ、脱穀……全部生徒がやる。脱穀したものをさらに籾摺(もみす)りして、玄米にする。それを業者に渡せば、精米して、翌春、赤飯として納品してもらえる。一部は業者に渡さず、自分たちで餅つきして食べる。

「便利な農機具をできるだけ使わずに、自分たちの体を使って稲作を体験します。直接、稲作を体感してほしいからです。農学系の大学でも年間を通してここまで本格的にやるのは珍しいと思います。海外との交流で、筑駒の生徒が学校の説明をするときに、水田稲作学習に触れることもあります。卒業生も、この経験を大切に思ってくれているようです」

校内に畑もあり、農芸部が活動している。土の多い校内に生える雑草は、各学年が順番に除草作業を行う。田植えの日には中2が、ヤブ蚊に刺されながら校内除草にいそしんでいた。また、筑駒の歴代校長はみな農学系の研究者である。式典での校長講話の内容も農業にからめた話が多いと渡邉教諭は言う。

都心にある超進学校ではあるが意外にも、「農業」が学校のアイデンティティの一部なのである。

「筑駒の卒業生の中で、直接的に農業にかかわる職業に就く人は多くはありません。しかし、多感な時期に、自然と触れ合う経験や生産する喜びを知ることは、人生において大きな意味を持つと思います」

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT