東大合格率No.1の筑駒は水田で生徒を育てる

都心の超進学校が年間を通して稲作する理由

手際よく進めたクラスはものの30分ほどで作業を終えた。そのうちお調子者が、まだ田植えのすんでいない田圃(たんぼ)の中で相撲を取り始める。周りのみんなも後片付けしながら笑顔で見守る。荒らしてしまった田圃をあとでちゃんともとに戻すところはまじめだ。

水田の中で転げ回るほど遊ぶ生徒も(写真:学校提供)

水田を守ることは筑駒の伝統

学校への帰路、全身真っ黒になっている生徒がいた。水田委員長だ。朝の全体会では「ふざけないで」と呼びかけてい生徒である。

「なぜ水田委員長をやろうと思ったの?」

「中1で入学したばかりのときに、水田を見学に行きました。そのときに、水田に落ちちゃって(笑)。そのあとにクラスの委員を決めようということになって、みんなから『おまえは水田委員で決まりだろ』って感じで水田委員になりました。それで水田稲作学習には妙な運命を感じていて、今回委員長に立候補しました」

よほど泥が好きらしい。自他共に認める筑駒の「ミスター水田」というわけだ。

「水田委員の醍醐味は何?」

「入学式や卒業式では、あの田圃でとれた餅米を使って赤飯を炊くのが筑駒の伝統なんです。その伝統を受け継いでいるという自負はあります。収穫後の餅つきが楽しみです。稲作なんて人生でそう何度も経験できることではないと思うので、貴重な経験をさせてもらっていると思います」

次ページ創立以来約70年の歴史
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT