「かめはめ波」を本気でビジネスにした男たち

テクノスポーツ「HADO」で新分野を切り開く

現在はテーマパークやゲームセンターなど13カ所(Monster Buttleも含む)に導入されている。今後はVR(仮想現実)をテーマとした施設などへの導入提案や、スポーツバーなどへの出店も進め、年末には43カ所まで一気に拡大する計画だ。

壁の中だけでなく、次々と飛び出してくるモンスターを倒し、プレーヤーがそれぞれポイントを競う「HADO SHOOT!」

事業が徐々に軌道に乗るにつれ、資金調達も多様化してきた。メリープは2015年11月にフジ・メディア・ホールディングス傘下のポニーキャニオン(映像・音楽会社)から出資を受けているが、現在は銀行からの借り入れもしている。これは事業モデルが銀行から評価された結果といえるだろう。

HADOの開発は試行錯誤の連続だった

メリープは福田CEOと共同創業者の新木仁士氏が2014年1月に設立した会社で、HADOの開発が始まったのは2014年半ばのこと。ARに関連したプロダクトを作ってきたメリープだが、HADOは試行錯誤の連続だった

福田CEOは現在30歳。大学院卒業後はリクルートに就職するが、2013年半ばから友人の新木氏とともにARを活用したプロダクトを開発。結局、同年10月にリクルートを退職し、2014年1月にメリープを立ち上げた。幼少期は日夜、かめはめ波を撃つ練習をしていたという(記者撮影)

当初のHADOはモンスターとのバトルを中心に構想していた。だが、グラフィックスや音響、モンスターのデザインなどで高いクオリティを保つには多額の資金が必要だ。これは資金力に乏しいスタートアップにとっては難しい。

そこで、参加するプレーヤー自身が楽しみ方を広げてくれる「対人戦」に舵を切り、開発を進めてきた経緯がある。

対人戦を実現するために、ユーザーの位置をどう把握するのかという難題もあった。現在はフィールドの両端に立てられた大きなボードの画像をアプリで認識し、ユーザーの位置を把握。エナジーボールがどこから撃たれたか、相手にヒットしたかどうかなどを判定している。

次ページ「ワールドカップ」を開催!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT