白百合卒ママが我が子を公立に行かせた事情

なぜ「アンチ白百合」になったのか?

なぜ公立だったのでしょうか(写真:東京カレンダー編集部)
教育は平等、ではない。
親の経済力が子どもの教育や学力に反映される「教育格差」。
東京の中心で暮らす裕福な家庭では、子どもの教育に桁違いの金額を費やしていると聞く。
これまで、年間学費300万円をかけて世界のトップ層を目指すインターママや、親子4代白百合ママ、福翁自伝を愛読する幼稚舎ママなどを紹介してきた。
今回は登場するのは、自分の子どもは敢えて公立に通わせた、白百合卒のお嬢ママ。

子どもはあえて公立に

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

#File05 幼稚園から白百合育ちのお嬢ママが、我が子を公立に通わせた理由とは?

名前:早希さん
年齢:35歳
子ども:長女6歳
子どもの学校:港区内、小中一貫の公立小学校

早希さんから待ち合わせ場所に指定されたのは、青山の『ELLE café』。

取材班はスムージーボンボンを注文し、そのフォトジェニックな出で立ちに感動を覚えて思わず写真撮影に夢中になっていた。

「それ、可愛いですよね」

背後から、笑みを湛えた明るい声をかけられハッとする。

振り返ると、美しく整った白い歯を見せながら早希さんが微笑んでいた。

ノースリーブのトップスから伸びた腕は健康的な小麦色、ショートボブのヘアスタイルがとてもよく似合う。

「私も、同じもの頼んで良いかしら?」

警戒心のない人懐っこい笑顔を向けられ、取材班はすっかり心を許してしまった。

次ページ白百合に通わせたい、とは思わなかったのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT