「いつでも転職できる人」になる4つの条件

あなたは定年までずっと同じ会社にいますか

条件1 所属する会社にではなく、自分の仕事に職業上のプライドを持つ
条件2 会社の都合で自分の意見や正義をいっさい曲げない
条件3 会社とも上司・同僚・部下のいずれとも「対等」の人間関係を持つ
条件4 転職できる機会と覚悟を持っている

高い専門性を保つために、継続的な自己再教育が必要

会社にではなく、仕事にプライドを持つためには、自分が専門とする分野で、「自分は○○ができる、余人を持って代えがたい人材だ」と思えるスキルを確かに持っている必要がある。

十分なスキルがないのに、過分な条件で会社に抱えられていると思うと、人は会社に対して卑屈になる。そうならないためには、自分の専門分野において自分のスキルを高く保つ努力が必要であり、継続的な自己再教育が重要だ。

これは、いわゆる「人生100年時代」にあって重要なポイントでもあるし、ちょうど現在発売されている『週刊東洋経済』(7月22日号)の特集が「ライフ・シフト 実践編」でもあるので、読者は、この号をお読みになって、自己教育の必要性と有効性について納得して、モチベーションを大いに高めていただきたい。

筆者の場合、たまたま30代前半の転職歴の中で、資産運用の技術に関してレベルの高い会社で働いて、この分野の知識とスキルをグレードアップできたことがその後のキャリアにとって大いに役立った。

現在の(たぶん近い将来も)日本では、会社を離れて大学院等の学校に行ってしまうと、再就職が難しくなる場合が多い。職を離れずに勉強する機会をつくったり、転職によって働きながら自分のスキルを磨いたりすることを工夫する必要がある。

また、会社の都合で、自分の職業的あるいは社会的な正義を曲げないことも、卑屈なサラリーマンにならないためには大切だ。会社と個人とは、本来は対等な関係のはずだ。会社が間違っていると思うときには、堂々とそれを指摘しよう。

次ページ「会社とサヨナラ」ができる覚悟はあるか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT