米国発アウトドアブランド、丸の内に見参

パタゴニア、期間限定で高級ブランド集積地に路面店

製造者は長期間の使用に耐えられる製品を作り、消費者は本当に必要な製品だけを購入する。こうして過剰な消費を抑制することで、経済成長至上主義の副作用としての環境破壊を軽減し、持続可能な経済のあり方を考える。「レスポンシブル・エコノミー」の理念はこのようなものだ。

「アパレルの製造・販売をしながら過剰な消費を抑える取り組みをするという矛盾と向き合い葛藤しつつ、ビジネス街の新たなお客様を開拓し、その方々にパタゴニアの理念を伝えて責任ある経済について考えるきっかけとなることを目指している」とパタゴニア日本支社マーケティング部の山崎清士氏は語る。

リサイクル事業の開始も検討

パタゴニアではこのような理念を実践するため、8月27日にリニューアルオープンする目白店で、自社製品の買い取り、販売というリサイクル事業の開始も検討しているという。

丸の内店では、ライフスタイル製品を中心に、ビジネスや旅行で使える製品ラインナップも展開。40周年を記念した製品の販売も予定している。丸の内への出店を機に、周辺の企業とコラボレーションしたイベントも予定している。人気アウトドアブランドの新たな試みが、日本の中心地、東京のど真ん中で始動する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT