ライオンの曲がる歯ブラシは救世主となるか

事故防止の期待を受けて2.5倍売れている

2月の協議会の最終報告では、歯科医師や小売り、消費者団体が保護者に注意喚起を行うとともに、「衝撃吸収性などを持たせた歯ブラシの普及が重要」と歯ブラシメーカーの商品開発の重要性も訴えた。

そんな中で発売されたのが、クリニカKid’sだった。販売価格は200円前後に抑えているうえ、従来品に比べて1.2倍歯垢を落とせるという。東京消防庁が3月に歯ブラシ事故防止のリーフレットを作成し、保育園や幼稚園、病院などに配付したことも販売の追い風になった。

ただ、ライオンのオーラルケア事業部でクリニカKid'sを担当する横手弘宣ブランドマネジャーは、「曲がることで衝撃低減は図っているが、事故を完全に防げるわけではない」と話す。

親の見守りは必要

クリニカKid'sの販促用ディスプレイでは、曲がる歯ブラシの隣に仕上げ用歯ブラシを展開している。(記者撮影)

クリニカKid'sのリニューアルは、哺乳びんに近い素材を使うことで、小さいうちに歯ブラシを口内に入れる抵抗感をなくし、歯磨き習慣を促すこともコンセプトにある。

都内の歯科医師は「事故防止を商品に頼るのは本末転倒。親が子どもの歯磨きを見ていることで事故は防げる」と指摘する。

曲がる歯ブラシを使用しているから、親が見ていなくても大丈夫、というわけではない。子どもの歯磨き事故を防ぐには、親が目を離さないことが大切なことには変わりはない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT