ビール、「安売り規制」あり出荷量最低を更新

大手メーカー4社とも前年比マイナスの現実

 7月12日、ビール大手5社が発表した2017年1―6月期(上半期)のビール系飲料(ビール、発泡酒、新ジャンル)の課税出荷数量は、前年同期比1.3%減の1億9025万ケース(1ケースは大瓶20本)となり、過去最低を更新した。東京で2015年10月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 12日 ロイター] - ビール大手5社が12日に発表した2017年1―6月期(上半期)のビール系飲料(ビール、発泡酒、新ジャンル)の課税出荷数量は、前年同期比1.3%減の1億9025万ケース(1ケースは大瓶20本)となり、過去最低を更新した。6月1日からの安売り規制導入により、5月は駆け込み需要、6月は反動減が見られたが、5―6月で見る限り、大きな影響は見られなかった。

5―6月の販売実績は、ほぼ前年並みになったもよう。

1―6月の酒類別の出荷量は、ビールが同1.4%減で2年ぶりのマイナス、発泡酒が同2.4%減で2年連続のマイナス、新ジャンルが同0.7%減で4年連続のマイナスとなった。消費者の節約志向や家飲みの増加、新商品の影響などから、新ジャンルの構成比率が上がっている。3つのカテゴリー全てがマイナスとなるのは、新ジャンルが市場に出た2004年以降で初めて。

大手4社は全社、前年割れとなった。アサヒビールは0.4%減、キリンが2.5%減、サントリーが1.5%減、サッポロが0.7%減だった。

各社のシェアは、アサヒが39.5%(前年同期は39.2%)で8年連続でシェアトップ、4年連続でシェアアップした。アサヒは、新ジャンルのシェアが30.9%となり、トップシェアだったキリンを抜いた。大手4社が新ジャンルを出して以降、初めてのシェアトップが交代した。

キリンは31.7%(同32.1%)、サントリーは15.9%(同16.0%)、サッポロは11.9%(同11.9%)となった。

(清水律子 編集:吉瀬邦彦)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT