アウディのスーパーカー「R8」は何がスゴいか

610馬力を支配している実感を与える

 

京都在住のモータージャーナリスト・西川淳が、注目のクルマを東京―京都間のロング・ツーリングの試練にかける「GTドライブテスト」連載。第4回はアウディのスーパースポーツカー、新型R8。

ここで働いてもいい!

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ちょっと変わった話題ではじめることを、お許しいただきたい。

ある程度(年産数千台規模)の生産ボリュームを保つスーパーカーの生産ファクトリーのなかで、いまもっとも労働環境が良い、言い換えれば「ここでなら働いてもいいな!」と筆者が思えた場所はどこか……。

フェラーリのマラネッロ工場も、ランボルギーニのサンタガータ工場も、もちろん何度も訪れよく知っている。それぞれがそれぞれの聖地であって、馬や牛のユニフォームにも憧れる。けれども、積年の個人的な思いを措いてイチバンを選ぶとすれば、それはアウディ・スポーツの本社新工場だ。ここではアウディのスーパーカー、R8を生産している。

ネッカーズルムの郊外という、大変な田舎にある新しい工場なのだから当たり前かも知れないが、とにかく広々としていて美しい。アウディの白くて銀色でクリーンなイメージそのままなのである。工員たちはみんな笑顔で作業をしている。そんなに気楽でいいのか、とこっちが心配になってしまうほど。それだけ、ここで働くことが楽しいということなのだろう。彼らの姿を見ているだけで「ここで働いてもいい!」と思ってしまったのだった。

次ページ2つの方向の進化
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。