最速ポルシェを排したランボルギーニの実力

ルックスとスペックだけが派手じゃない

ランボルギーニのニューモデル、ウラカン ペルフォルマンテは空気の力で速くなる!?  モータージャーナリストの吉田匠が、かつてのF1サンマリノGPの舞台、イモラ・サーキットで試乗した。

ランボのイメージを変えた!

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ランボルギーニの最新モデル、ウラカン ペルフォルマンテは画期的なクルマである。

画期的なポイントはまず、ニュルブルクリンク北コース、ノルトシュライフェでポルシェ 918スパイダーの持つラップタイム記録を5秒も短縮し、市販ロードカーの新たな記録(6分52秒01)を樹立したことだ。918はV8エンジンに加えて電気モーターを2基そなえるハイブリッドカーであるのに対して、ペルフォルマンテは自然吸気V10という、古典的なパワーユニットのみでそれを達成したのも特筆に値する。

ペルフォルマンテが画期的な点その2は、ポルシェ最速モデルのラップ記録を破ったことによって、世のクルマ好きが抱いているランボルギーニのイメージを、一気に刷新したことにある。

近年その傾向は確実に改善されつつあったとはいえ、ランボルギーニというと、ルックスとスペックの派手さが命と思われ、実質的な速さに関してはあまり認識されていなかったといえる。ところがペルフォルマンテは、ランボルギーニが本当に速いクルマを生み出していることを、周囲に有無を言わせず認識させたのである。

しかもその速さを達成した方法がまた、粋なものだった。その手法は4つあり、新しいカーボン・コンポジット素材を適所に用いたことによって、40kgの減量を果たした軽量化がその1。吸排気系に手を入れて、5.2リッターV10 NAエンジンに30psと40Nmを上乗せしたのがその2。スプリング、ダンパー、スタビライザーからブッシュまで、4輪ダブルウィッシュボーン・サスペンションのすべの仕様を見直した、シャシーの強化がその3だった。

次ページランボルギーニがユニークだったのは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。