錦織圭選手、ウィンブルドンで3回戦敗退

「リズムに乗ることができなかった」

 7月7日、テニスのウィンブルドン選手権、男子シングルス3回戦、第9シードの錦織圭(写真)は第18シードのロベルト・バウティスタに4─6、6─7、6─3、3─6で敗れた(2017年 ロイター/Andrew Couldridge)

[ロンドン 7日 ロイター] - テニスのウィンブルドン選手権は7日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス3回戦を行い、第9シードの錦織圭は第18シードのロベルト・バウティスタ(スペイン)に4─6、6─7、6─3、3─6で敗れた。

錦織は第1セットの第9ゲームのブレークチャンスをものにできず、次のゲームで逆にサービスブレークを喫した。試合後、報道陣に対して「きょうはリズムに乗ることができなかった」とコメントした。

第1シードのアンディ・マリー(英国)、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)、第16シードのジレ・ミュラー(ルクセンブルク)は16強入りを果たした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。