錦織圭選手、ウィンブルドンで3回戦敗退

「リズムに乗ることができなかった」

 7月7日、テニスのウィンブルドン選手権、男子シングルス3回戦、第9シードの錦織圭(写真)は第18シードのロベルト・バウティスタに4─6、6─7、6─3、3─6で敗れた(2017年 ロイター/Andrew Couldridge)

[ロンドン 7日 ロイター] - テニスのウィンブルドン選手権は7日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス3回戦を行い、第9シードの錦織圭は第18シードのロベルト・バウティスタ(スペイン)に4─6、6─7、6─3、3─6で敗れた。

錦織は第1セットの第9ゲームのブレークチャンスをものにできず、次のゲームで逆にサービスブレークを喫した。試合後、報道陣に対して「きょうはリズムに乗ることができなかった」とコメントした。

第1シードのアンディ・マリー(英国)、第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)、第16シードのジレ・ミュラー(ルクセンブルク)は16強入りを果たした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT