慶應幼稚舎には「社会の上澄み」が集っている

福翁自伝対策セミナーもある"お受験"の実態

「エントリーシートに、“福翁自伝*を読んでどう考えるか”を記載する箇所があるんです。別に慶應卒でなくても本を読めば書けますけど…慶應出身者は自身の経験談を交えることができる分、やはり内容が濃くなるし、書きやすいですよね」

福翁自伝の感想文…取材班は、その愛校精神に絶句してしまった。

慶應生たちの母校愛は、塾生以外から疎まれるのも致し方ないくらい、深い。しかしそうなるには理由があったのだ。

――それは…慶應生以外だと、なかなか難しいでしょうね。

取材班がポツリ、と呟くと桜子さんはまたしても驚きの内情を教えてくれた。

「そうですね。でも、幼稚舎受験を目指す親子がこぞって通う幼児教室があって、そこで“福翁自伝対策セミナー”が開催されるんです。他大卒の方はそこでポイントを教わるそうです…私は、行きませんでしたが」

福翁自伝対策セミナー…!

幼児教室の商売気に、取材班は感動すら覚えた。

それにしても、幼稚舎受験を目指す親は、幼児教室をはじめとする子どもの教育に、いったいどのくらい投資しているのだろうか。

*福翁自伝:幕末維新・明治の洋学者・教育者で、慶應義塾創設者である福沢諭吉晩年の自叙伝。

良質な縁が、モノを言う

――幼稚舎のお受験では、皆さん具体的にいつから、どのような準備をされるんですか?

当連載では以前、インターナショナルスクール入学の最低条件「5歳でバイリンガル」をクリアするため、年間300万円を費やしプレスクールに通わせる母親の存在を紹介した。

日本を代表する名門私立小学校、幼稚舎では、子どもたちにどういった資質が求められるのだろう。そしてそのために親は、どのような英才教育を受けさせているのか。

「幼稚舎のお受験は、子どもの行動観察・運動・絵画工作、の3つの観点で審査されます。そのため皆さん、幼児教室と、個人で運動と絵画の先生をつけていますね」

そもそも幼児教室という、未就学の子どもを対象とした予備校が存在すること自体が驚きだが、運動と絵画の、個人の先生とは一体…?

「運動なら○○先生、絵画なら△△先生と、ママ友間で情報が回るんです。そこからはネットワークを駆使して、個人的に直接コンタクトをとります」

…やはり幼稚舎、一筋縄ではいかないのである。

次ページ良質な縁がモノを言う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。