「苦手なヤツ」と何とかうまくやっていく方法

ジャイアンはなぜ映画だと頼りになるのか

「苦手なアイツと一緒に仕事しないといけないのか…」と悩む人に(写真:kikuo / PIXTA)

子どもの頃、『ドラえもん』の映画を見ながら、こう思ったことはないだろうか?

「ジャイアンが違う」

「なんか頼もしい……」

これが普段は理不尽を重ねる、あのジャイアンなのかと。のび太やスネ夫たちに対して横暴を繰り返し、不定期開催のリサイタルで忌み嫌われていたあの男が、映画になると、なぜこうもカッコよく変貌を遂げてしまうのか。

映画というものは、そもそもクライマックスとエンディングが用意されている。ドラえもん、のび太をはじめキャスト全員がひとつの目標に邁進するとき、友情はひとつに束ねられ固い信頼で結ばれる。日常のたわいもないけんかよりも、もっと大きな敵が現れたとき、「敵の敵は味方」とばかりに心が通い始める。人間関係はこんなひとつの出来事で、根底から刷新されてしまうことがある。

この例えから学ぶことは実に多い。「目標が人間関係を刷新する」ということだ。

ひとは他人に対してレッテルを張りたがる生き物

人間関係――特に特定の他人に対するイメージは、定着するとなかなか変えられない。嫌な上司を、ある日途端に好きになることはまずないだろう。接点が少なければそのまま「嫌な上司」のまま固定されてしまうに違いない。恐妻家が亭主関白に一変することもなければ、気の障る向かいのイヤミな奥様が突然、人格者になることもない。私たちは他人のイメージを固定したがり、それを保持しようとする傾向がある。自分を傷つけかねない相手からは距離をとり、つねに身を守っている。

だから人間関係は難しい。いや正確にいうと、「人間関係を変えていく」ことは難しい。

人間関係が試練になるときとは、主に職場で「嫌なヤツ」と協働しなくてはならなくなったときなど、逃げられない信頼関係を押し付けられたときだろう。なにも接点がなければ「嫌なヤツ」のまま、自分のなかで固定させておけばいいのだが、仕事とあってはそうはいかない。

次ページ人間関係を劇的に改善させる条件
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT