加熱式たばこ、3社激突「東京決戦」の行方

アイコス独走、JT、BATは追いつけるのか

JTは6月29日、銀座に加熱式たばこ「プルーム・テック」の専門店をオープン。カフェやギャラリーも併設された店舗だ(撮影:今井康一)

二兎を追う戦略は通用するのか?

JTとBATは「紙巻きたばこは守り、加熱式たばこで攻める」戦略が共通している。両社はアイコスの背中をとらえられるか。

JTは加熱式たばこの需要予測に失敗。プルーム・テックのカートリッジはカプセル形状のため、製造工程が複雑なこともあだとなった。十分な生産体制を構築できずアイコスに1年以上も後れを取った。7月には都内の販路を拡大するが、街のたばこ販売店100店に限られる。

当記事は「週刊東洋経済」7月08日号<7月03日発売>からの転載記事です

紙巻きたばこの販路の7割はコンビニだ。アイコスはすでに全国の主要コンビニで売られている。JTは今後本格的にコンビニ販路を開拓するが、「今から売り始めて追いつけるのか」と、JT取引先の幹部は不安を募らせる。

一方のBATはグローをコンビニ含め1万3000店で売る予定だ。ただ、たばこの拡販で重要なのは企業の即売会や、居酒屋などにおけるサンプリング。その際に人員の多さがモノをいう。BATの営業は約500人。1500人超を抱えるPMIに見劣りする。

「加熱式たばこのシェアは今年末に15%、18年には25%に広がる」(JTの佐々木治道専務)。ただし、加熱式たばこの拡大は紙巻きたばこの減少を伴う。JTとBATの二兎を追う戦略には限界がある。加熱式たばこに舵を切ったPMIの独り勝ちが続きそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT