テレビが生き残るカギは「ネット連動」にある

退潮続くテレビはどこを目指すべきなのか

テレビは、ただ視聴するだけなら完全な一方通行だ(写真:tomos / PIXTA)
熾烈な視聴率獲得競争を繰り広げるテレビ業界だが、総世帯視聴率(HUT)の低下などそのメディア規模は年々縮小の一途をたどっている。インターネットメディアの攻勢に対して、テレビはどこを目指すべきなのか。キーワードは「ネット連動」だ。

視聴率は下がり続けている

『GALAC8月号』(7月6日発売)(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

さる5月、在京民放キー局5社の決算が出揃いました。各社の決算資料には、業績以外にもテレビの現状を把握するうえで参考になるデータが載っています。私が最も注目しているデータは各社のタイム収入とスポット収入、そして年度平均視聴率です。制作費や人件費なども気になるのですが、局によって計算基準が異なるので一律に比較はできません。同じ基準で計算され、かつ全体の規模を過去のデータと比較すると、テレビメディアが置かれている現状が見えてくるのが、タイム+スポット収入と年度平均視聴率です。

まず年度平均視聴率を見てみましょう。キー局5社の全日帯・ゴールデン(G)帯・プライム(P)帯視聴率の平均値の11年間の推移を見ると、図1のようなグラフになります。

(図1)民放キー局5社平均の視聴率推移

視聴率は相変わらず下げ止まる様子がありません。P帯は、05年度には12.2%ありましたが、16年度には9.3%に下がり、下落率はマイナス24.2%にもなります。この11年間で視聴率は4分の3になってしまいました。

気になるのはG帯・P帯の5社平均視聴率がこの4年間、下落の勢いを増していることです。P帯の前年比は、13年度は0.6%減でしたが、その後も2.7%、2.8%、4.3%と年を追うごとに下げ幅が拡がっています。

次ページ視聴率下落が加速している要因は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT