30~40代港区「ホームパーティ男子」の憂鬱

「女性にモテた」かつての輝きは失いつつある

このように、女性から厳しい意見が増えつつある港区ホームパーティだが、今後も女性からの低評価路線を突き進むことになってしまうのか。実は、そうならないための方策が3点あると筆者は考えている。

低評価路線を突き進まないためのポイントとは?

そのポイントは、

・低層化

・少人数化

・目玉企画

の3つである。

残念ながらタワーマンションにはすでに女性から「ギラギラしている」「チャラい」などのネガティブなイメージが定着してしまった。となれば、あえてその逆の形式の建物に住めば、そのようなマイナスの印象を払拭することができる。それが「低層化」戦略である。

具体的には、10階建て未満の低層かつ高級感のあるマンションに住むことだ。そうすると自然と居住エリアは、高層マンションが立ち並ぶ賑々しいエリアから少し離れた閑静な住宅街の一角になるケースが多い。こうした居住エリアも落ち着いたポジティブな印象を女性に与えることができる大事な要素だ。

女性が持つ港区ホームパーティのイメージはとにかく大人数でザワザワとしていること。前出の幸恵さんも「大抵のホームパーティは男女合わせて20人以上いるカオスな状態。もうそれだけでチャラい」と不満を隠さない。

それであれば、参加人数を6~10人程度の必要最小限に絞って、顔見知り同士の落ち着いた雰囲気でホームパーティを催せばいいのだ。それは、大人数を連想するパーティというよりは、合コンに近いイメージだ。これが「少人数化」である。

そして何より女性はイベント好きだ。となれば、ホームパーティで供される食事も、いつもと違ったワンランク上のものを用意することを予め告知しておこう。たとえば、「下関産天然アンコウ鍋」や「名古屋コーチン鳥鍋」といった「目玉企画」を用意することによって、女性の参加意欲を高めることができる。

次ページ3つのポイントを実践している人物
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT