社外飲み会で「飲み放題」を頼む幹事は最悪だ

飲み会幹事初心者にプロが授ける10の知恵

一方で、料理のほうはコース料理を頼んでおきたい。そもそも個室を頼む際は、コース料理を予約することが条件という店が多い。ある程度の高級店であれば、懐石コースやディナーコースなどの、接待や食事会向けのコースが用意されている。料理も時間配分を考えて、オードブルからメイン料理、デザートと、順番に出してくる。アラカルトで頼むよりは効率的だし、注文の手間も省けるため、じっくりと話に集中できる。

5 ビールの「メーカー」には注意を払うべし

岩下さんは、「クライアントの取引先にも注意を払うべき」だとアドバイスする。「たとえば、ある金融系企業では、昔ビール会社に苦境を救ってもらった縁から、絶対にそのメーカーのビールしか飲まないという不文律があります」。そのことを知らずに、別のメーカーのビールを出すと、「気が利かない」と思われてしまう。

昔よりこだわる人は少なくなったが、「同じ財閥系のビールを飲む」というのもある。三菱系ならキリン、住友系ならアサヒという具合だ。店のほうもそうしたことに配慮して、複数の銘柄のビールを用意していることがある。まずは、メーカーに決まりがあるか、クライアントの担当者らにリサーチをし、店にも指定のビールを出せるか確認しておきたい。

口コミ頼みではなく、必ず下見を

6 ネットの口コミ情報だけで探すべからず

店を探すときには、飲食店情報サイトを参考にしてもいいが、口コミを読んだだけでは、その店の本当の姿はわからない。必ず下見をしておこう。夜の雰囲気を見ておくに越したことはないが、時間がなければ、ランチ時に伺うのでもよい。できれば味見もすること。

よさそうだと判断したら、お店の人に「今度、接待で利用したい」とその場で相談してしまおう。そうすれば、その場で細かいことも聞けるし、料理の中身などについて簡単な打ち合わせもできる。もちろん、接待などで行ったことのある店があれば、その店を選ぶのもよいだろう。

7 2次会候補は事前に数件ピックアップしておくべし

その場の流れによっては、2次会に行くこともある。しかし、そのとき、店がなかなか押さえられず、外で待たせるのは避けたいところだ。一方で、2次会があるかどうかわからない中で、事前に店を予約することは難しいだろう。

そこで、まず近隣で2次会に向いている店を数軒ピックアップしておき、2次会に流れるようであれば、すぐに電話をしてお店の空き状況を確認する。フットワークが要求される場面だが、事前の準備で乗り切りたい。

8 お土産は迷ったら用意すべし

接待・会食のとき、上司から、お土産の用意を指示されることがある。これは、「家族だんらんの時間を奪ってしまって申し訳ございません」という意味を込めて、クライアントのご家族のためにお渡しするものだ。用意するかどうかは、職場の慣例に合わせればいいが、不安なら、用意しておいたほうが無難だ。

次ページお土産は何を買えばいい?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。