終戦記念日に、安倍首相が話すべきこと

アウシュヴィッツで考える麻生発言(下)

世界に日本の平和憲法の歩みを学んでほしい

幸い平和憲法のもと、日本は戦後、70年に渡って外国で一人も戦争で殺していない、という世界に誇るべき歴史をつくった。次の70年も、その次の70年も、そのようにして、日本は世界の見本になってほしい。憲法改正は結構だが、戦争をする他国を日本が学ぶのではなく、戦争をしない日本を他国が学ぶべきではないか。

アメリカに押し付けられた憲法だと言うが、逆に今、軍費削減が迫られるアメリカの再軍備要請に従って、憲法を変えようとしているのではないか。国民投票で日本の再軍備を国民に問えば、この一点に限れば自民党支持者でも海外の戦争に子供たちを送る改憲には反対し、自らの手でも平和憲法を選ぶはずだ。

日本が戦後、戦前と異なり世界から尊敬を受けるようになったのは、この平和憲法の下での70年の歩みのおかげなのに、いつのまにやら諸悪の根源であるかのような“悪者扱い”を受けている。

残念ながら、安倍氏は閣僚や政府の要職を再軍備や歴史修正の同調者で固め、静かに再軍備を進め、憲法解釈を変えようとしている。ご関心がおありの方は安倍氏の諮問会議に入っている方々が、歴史認識的にどのような言動を繰り広げた人かを検索してみてほしい。

右も左も問題だらけ~私はどちらにも与しない

現実的には強大な軍事力を持っている国々が、平和憲法に学んで戦争放棄、などという時代が来るわけもなく、対米依存を脱却するには再軍備、というのもわからなくもない。しかしそれでもそのために過去の歴史を捻じ曲げ、他民族への憎悪を煽るような言動によって再軍備の世論を醸成するのは正しくない。

平和憲法を変えたり再軍備を実行したりするにしても、“(ナチスの)あの手口を見習った静かなやり方”ではなく、透明で民主的なやり方で情報公開を徹底し、国民が賛否両論の情報を十分に与えられた上で選べるようにするべきだ。

こんなこと言ってると“おまえはサヨク“とか言われるわけだが、実際には私は右翼も左翼もどちらも、的外れな部分が多いと思っておりどちらにも与し ない。

たとえば憲法変更に反対していて、9条破棄に反対している人々も、昔のようにただただ”反対“と言っているだけでは国民的な支持は得られないので目 を覚ましてほしい。また、一部の韓国の愚かな議員が、日本にいるコリアンや日韓の友好を願う人たちにどれだけ迷惑をかけ、自分達が愚かな自己満足に浸って るかを私は痛烈に批判している(しかもどうせ彼らが読まないグローバルエリートは見た!ではなく、韓国の議員を通じて本当に今、連絡を試みている)

なお共産や社民に関しては、諸々の政策の非現実性を直視し(税制や労働関連の経済政策はいつも大抵間違っている)、責任と能力のある野党にならなければあなた方の平和への想いは力を持たないし、結果的に支持率急落に歯止めがきかず早晩消滅するだろう。

私は右からの支持も左からの支持も関心がなく、関心があるのは権力者が操作しようと思っている世論と、操作された多数の人々からの批判を恐れず、事実と真実を話すメディアがあるかどうかだ。

次ページ自慰史観から飛び出せ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT